2016年11月20日日曜日

ZEN禅・伝えたいこと




あと1ヶ月で日本。


ヨガリトリートをする時に

今自分がみんなとシェアしたことは

何なのかを考えます。



先日、2009年に公開された

「禅 ZEN 」という映画を観ました。


現代社会において

とても大切なことが伝わる

素晴らしい映画でした。


鎌鎌倉時代の僧

道元の一生を描いた作品で

道元を演じる(中村勘太郎)が8歳の時

母が亡くなる直前に


「死んでから浄土にいくのではなく

生きている世界の中で

争いや病、死の恐怖からの苦しみから

抜ける道を探して欲しい」


という母の最期の言葉を胸に、修行を積み

僧として生きてゆくストーリー。


人心や世相が乱れ切った鎌倉時代に

絶望の中でも

現実を受け入れて生きないといけない。


例え時代が

社会が荒れていて、希望を見出せなくても


精神を平かにすることで

見えてくるものがある。


それは、今私たちの社会においても同じこと

なのだと思います。


現代は外からの情報や刺激、

めまぐるしい日々の変化と

共に生きています。


ヨガには”繋がる・結ぶ”という

意味があるのですが

それは、自分のココロや身体の


内に戻る、還ってゆく


ということでもあります。


人生にどんな荒波や

現実が起きようとも


”あるがままに

なすがままに”


映画の中では

道元のどこまでも清らかで

一途な禅の想いが溢れています。


彼の思想は


成仏とは一定のレベルに達することで

完成するのではなく

たとえ成仏したとしても


さらなる成仏を求めて

無限の修行を続けることが


成仏の本質であり釈迦に倣い

ただ、坐禅に打ち込むことが

最高の修行である。


それは

自分に極度に甘く・・


我慢がきかない私なんかが

口にできることではないのですが
((゚Д゚;))


なんとも背筋が伸び

人のあるべき姿を

改めて見せていただきました。


ヨガにおいても同じなんです。


ヨガとは

すごいポーズができることや

柔軟な身体を


人にひけらかしたり

誰かと競ったり


良いとか悪いとか

評価されるものではなく


”自分の内側を養うもの”


寺院や神社

教会で祈るような心構えで

ヨガを”神聖なもの”として取り組むと

ただの健康法とは

言えなくなってきます。


ヨガであれ

オーラソーマカラーセラピーであれ

美容家の人であれ


私にとって

師とする人たちはすべて


実践するものに対する敬意と

純真であることが

共通しています。


来月のヨガリトリート


伝えたいこと

やりたいことは

いっぱいあるのだけれど


自分の身体や心に繋がるのはもちろん


そこに来てくれた仲間と

自然、あらゆるものに繋がる


あたたかい時間になればいいな。


なによりも


この1年、私が一番

心待ちにしてるリトリート。


禅を観たタイミングで

「大雄山最乗寺」で

坐禅もさせていただけることが

決まったのです。


こんな偶然にも

ご縁を感じてなりません。


まさに、この地に

呼ばれているかのよう〜。




最乗寺は一度足を踏み入れれば

大自然に囲まれ

空気がとても澄んでいて

聖地であることがわかります。



年末最期に

今年の煩悩と

不純物を洗い流すように


ヨガで身体と心を巡らせて

聖地であるお寺で、すべてを浄化する





参加してくれる1人1人が

気負うことなく、がんばりすぎず


ただただ、その瞬間と空間を

くつろいで

自分のための時間になることを願い


新しい縁で出会う

ありのままの魂で触れ合う時間を

心待ちにしています。


その下準備でもある明日から


2週間

アメリカへ


犬達と旦那様と

ロードトリップへ行ってきます。



P, S

映画「禅・ZEN」
興味ある方は観てみてください。
You Tubeで全編観れます。


2016年最後に、日本でヨガリトリートを行います💕
東京からわずか1時間とは思えないほどの
山と自然に溢れた静かで清らかなパワー溢れた施設です。

今回で5回目の開催となりますが’、
最もリピート率の多い小田原ヨガリトリート。

お一人でのご参加、リトリートはじめての方も
心よりお待ち致しております。

ご質問、お問い合わせ
お気軽にご連絡くださいませ。

長松千晶(ナガマツチアキ)
cyona@me.com

2016年10月20日木曜日

生きて



誕生日を迎えました。


昔は、自分の誕生日が

毎日くればいいと

思っていました。笑


きっと、誕生日が唯一

自分は生かされていると

感じれたのだと思います。


今年で36歳になり


ここ数年、自分の誕生日が

それほど特別な日と感じなく

なってきました。


不思議なものです。


先日、旦那さんと

小林麻央ちゃんの癌についての

話しになりました。


あの若さで癌を患い

ご本人の苦しみはもちろん

旦那さんである

海老蔵さんも想像を超える

辛さかと思います。


そんな会話の中で、彼が


もし、ちあきが癌になって

あなたの病が治るのならば


僕の内臓を

全部君にあげるよ


もう、僕の人生は

何も悔いはないから


だから


生きてね



あまりにも

唐突な言葉だったので

一瞬、時が

止まったかのようでした。


血を分けた

我が子であれば


親は自分の命を

引き換えにすることも

できるでしょう。


でも、他人が誰かのために

それが例え愛する人であっても


自分の命を引き換えに

できる決意なんて

あるのでしょうか・・


先日、電通で働く女性が

極度の過労により

命を絶ってしまったニュース。


あまりにもショックで

悲しすぎる

日本のニュースでした。


ご親族のみなさまに


心よりご冥福をお祈りします。



亡くなられた女性の

お母様が


「命より、大切な仕事なんてない」

とおっしゃっていました。


本当に

それが、すべてです。


生きるために、仕事をするのか

仕事のために、生きるのか。


もし、あなたが今


何のために

自分が生きているのかを

考えてしまう時


それは


自分自身が

わからなくなっている時かも

しれないです。


生きる意味って

ある日突然わかったり


命が終わる時に

はじめてわかるのではなく


”自分自身で決めていく”

ことなのかもしれません。


でも、それが決められなくて

自分が何なのかもわからなくて


この世から

消えてしまいたい


もし、そう思うことがあったら

お願いだから


人に、直接

そのことを話してみて欲しい。


話された人は


きっとあなたを

弱い人間だとか

ダメな人だなんて、思わない。


人間なんて所詮、ちっぽけで

弱い生き物だから


話されたり、頼られたりした人も


誰かを支えること

必要とされることで


生きる意味を

感じれたりするんです。


私は物心がついた時から

ずっと

「なぜ、自分は生まれてきたんだろう」

そう思ってきました。



生きる意味が見つからなくて

人生がただ、ただ苦しくて。


でも、頼れる所を見つけたら

人生が少し楽になって


人を頼ることは、悪いことじゃないし

弱い自分でいい。


ゆっくり

長い時間をかけてだけれど


少しづつ、そう感じるように

なってきました。


ストレスの多い時代だからこそ


自分が自分を見失いやすい

社会だからこそ


家族には言えないこと

近すぎると言えないこと


あるよね。


今は心のケアやカウンセリングも

たくさんある時代。


どうか、ひとりで決断する前に

誰かに打ち明けることで


頼られた人の

人生を救うこともあることを

知ってくださいね。


最後に


ありがとう。


私はその言葉と、あなたの愛で


これからも

生きていけるよ

2016年7月21日木曜日

Long time no see..



きゃー

更新していなくて早3ヶ月!

このブログも

いよいよ終了するんじゃないかと

思うほどの怠惰っぷり。


ちょうど更新が止まってしまった


というサイトに

ヨガの記事を書きませんか

っていうお話しをいただいて。


ブログの更新もままならない私が

定期的に記事を書くお仕事なんて

本当に続けられるのかしら・・と

だいぶ不安でした。


ブログは主観で書けるけど

お仕事で書く記事は

幅広い層の方に向けた情報発信なので

それはそれは、プレッシャー。笑


ググれば情報なんて

すぐに手に入るこの時代。


毎回、あーうー悩みながら

知恵を絞りながら

書いていたらブログまで

追いつかないでいました。。


そして、5月末から6月にかけて

突然決まったロンドン出発。


去年からずーーっと恋歌がれ

どうしても行きたい理由があって

格安チケットが出ないかと

半ば諦めつつも、その時が来るのを

待ちわびていたら


Yes !!!!!! I'm going !!!!!!!


23歳の時に美容師を辞めてから

アロマセラピーもオーラソーマも

自分が学びたい技術の発信が

いつも英国にあって。


以前留学してたオントリオールからは

ヨーロッパは目と鼻の先。


いくらでも訪れるチャンスがあったのに

それでも惹かれなかったイギリス。


今の自分の年齢と経験値と

あらゆるものが重なって

子供だった私がやっとReady to goに

なったのだと思います。


街行く人も

景色も

会いたかった人達も


すべてが、ただただ

本当によかった


自分には、この国が

とても合っているように思えて

はじめてなのに、少し懐かしささえ

感じたイギリス。


でも、最終的に心に残る

一番の時間は



ひと。


おしゃれな大都会に住んでも

大自然の中にいても


結局ね、そこに行きたい理由は

私はいつも人にある。


誰が住んでいて

どんな仲間が自分の周りに居るか。



建造物の美しさも歴史も

自分の好みにピッタリでしたが


また、必ずここに来る。


そう強く確信したのは、会いたい人達が

そこに居るから。


人生で、出会う人の数も

時間も

もし限られているならば


世界のどこでも会いに行こうと

思います。


人生、一度きりだからねー。


恋い焦がれすぎて


ロンドン

ロンドン

ロンドン。。。。


って呟いてたら

本当に行けるのだから


人の想いとは、自分が思っている以上に

現実になるものです。



2016年4月16日土曜日

自然から学ぶこと



熊本地震

被災者の皆様に

心より

お見舞い申し上げます。


私が速報を聞いたのは

熊本県に地震が起きてから

すでに数時間が

経過していました。


それでも今の時代

世界で起きていることが

タイムリーに情報として入ってくるので


離れて住んでいても

すぐに家族や友人と

連絡が取れることだけが本当に

救われます。


まだ余震があるみたいですが

私の家族も

鹿児島に住んでいて

揺れをかなり

感じてるようです。


原発も近いので

どうか、余震や

被害が広がらないように

心から祈るばかりです。


今年のロッキーは

例年以上に暖かくなるのが早く

このお花、クロッカスが

一番最初に自然の中から出てくる

高山植物です。


このお花をみつけると

長く厳しい冬を終えて


カナディアンロッキーにも

春がきたんだな〜と

幸せな気持ちになります。


2月を過ぎたくらいから

新しい環境

新しいお仕事

なんだか生活のリズムが

少しずつ変わってきていて。


" 完結、手放す、信頼 "


今年のイヤーナンバーは

9ですので


あれよあれよと

やってくる色んなことも


来るべきときにきて

去るべきときに、去る

(今年は猿年!年女だしね。笑)


そんな風に、自然の摂理に

従って日々を過ごしています。


今年のはじめに書いた


の文章の内容に

自然災害のことを書いていて・・


本当に、起きるときには

起きてしまうのだと。


だから、みんな

未来や過去に生きるのではなく


今に、生きよう。


自分を惑わす情報や、環境

人から聞く噂話しとは


できるだけ距離を置く。


ただのお付き合いで


いい人ぶって

人と付き合うんじゃなく


スピリチュアルな水準で

人と関わり


直接的で

身体性(体を通して感じる感覚)を

大切に。



あなたなら


今日は

何に、感謝する?

2016年1月5日火曜日

Power Food 2016.



キャンモアでお正月を迎えるのも

これで4度目。


今年はなんと!

すべて手作りの

御節をいただきました。


ああ

もうね、感無量です。


私は小さい頃から

煮豆や煮物が本当に大好きで。


これほどまでの

パワーフードはないと!!

私は、確信しております。


添加物や保存料が

使われていないって時点で

パワーフードなんですが


そもそもおせち料理の由来は


自然のめぐみや収穫に感謝して

神に供え

その供えたもので


料理をして大漁や豊作を願い

自然のめぐみに感謝して

”いただく”


”節供料理”がおせちの

はじまりだそうです。


一品、一品にすべて意味があり

たくさんの願いが込められ


時間をかけて作る御節は

日本で一番の

パワーフードです。


このカナダに居ながら

もちろん、すべての材料が

手に入るわけもなく・・


その中でいただく御節料理は

もう、格別なものでした。


私たちの体に入る食べ物は

まさに”気”そのものです。


東京にいた頃は

毎日がコンビニ生活で


一人暮らしには便利でしたが


本当に疲れやすく

長く寝ないと体が持たず

偏食が多かったのです。


実は密かに

去年日本に帰った時から

脱グルテンをしているのですが

とても調子がいいです。


食後に眠くなったりせず

疲れやすさや、からだの軽さが

歴然と違います。


ストイックなのは嫌なので

旅行や友人との外食時には

気にしませんが


毎日の料理や

我が家の食事には基本

グルテンなしで。


北米の食文化は

パンと小麦粉だらけでは

ありますが


その一方で

グルテンフリーの食材が

本当にたくさんあり

全然困ることなしなのです。


そんな、脱グルテンを

はじめた時に面白い記事を

見つけました。


普段、占いは

興味のない私ですが


うちの家系は風水だけには

とても信仰深く

小さい頃から住む場所や方位には

よく色々言われたものでした。


そんな中、九星学は

全く学んだことがありませんが


風水に近い九星学は

自分の”原点”に

ある気がします。


九星学からみる基本性格ではなく


これ、とても面白いです。


私は二黒土星なのですが


大豆・空豆・枝豆・小豆
きのこ・にんじん・豚肉・あつあげ

さつまいも・玄米・白米・ラム肉
里芋・日本酒・アボカド・蕎麦


OH YES !!!!!! It's ME !!


大興奮なわたし(笑)


どれもこれも

マイフェーバリットフード!


大豆、小豆、玄米、蕎麦

好きすぎる。。


からだは知ってるんですね

自分のバランスに必要な

栄養素と

パワーとなる食べ物を。


ちなみに旦那様は

九紫火星なのですが


海苔、海藻、かに、貝類、エビ

カレー粉

確かにどれもよく食べていて

これまた好きなものばかり。


2016年、料理をする気合いが

また入りましたよ!!
(単純)


毎日たべるものが

私たち生きるエネルギーです。


みんなも新しい年のはじまりに

参考までに^^


2016 Year of the bottle.




みなさま

あけましておめでとうございます。

本年も心より

よろしくおねがい致します。


感謝をこめて。


2016年もあけましたね。


去年は私毎で、10月から12月にかけて

慌ただしく駆け抜けた3ヶ月でした。


日本から帰ったあとも

ハネムーンでメキシコへ行き

常夏バカンスで羽を伸ばし


よく食べ、よく飲み

よく動きました!


帰ってきたら

長ーい冬のはじまりで


体は重いし

トリップ続きで

地に足はつかないわで・・


めずらしくドッカーンとそれが

女性性にきました!

ひゃー。


子宮や腰、お腹をあたためて

落ち着きなさい

そんな声が聞こえます。笑


さて、毎年恒例


と〜し〜のはじめは

ということで


2016年最初の投稿は

オーラソーマイヤーボトル!




〜Bottle No, 9〜
Crystal Cave (クリスタルの洞窟 )

Heart within the Heart
ハートの中のハート

テーマ:心理の探求

心理を探求するために
わたしは内なる声に耳を傾けます。

.....................................................


2016年は数秘学でみると

《9》です。


2+0+1+6 = 9

9は1から数えて最後の数字。


物事の終わりや

” 完結・手放す・信頼 ”


そんなキーワードがあります。


今まで積み上げてきたことや

物事を完結させ


新しいはじまりのために


強いこだわりや、概念を

手放してみる。


私たちは大人になり

社会に出ると

あらゆる”責任 Responsibility”の中で

生きています。


母として

女性として

夫として


社会人として

師として・・


色んな規則の中で生きるのは

疲れますが


実はこの規則や

何かに縛られている方が

安心感がある

という人も多いものです。


疲れるな〜

大変だな〜

しんどいな〜と思いながらも


そこから抜けたら


自分の役割りが

なくなってしまう


居場所がなくなって

しまう気がする。


手放したところで

この先、どうしたいか


自分が何をしたいか

見つからない。


そう考えると

前に進めない


手放せない。


ほとんどの人が動く

その”理由”が欲しかったり


次にやってくるものがわかって

はじめて手放せたりします。





オーラソーマの創始者である

ヴィッキーは

”偉大なるガイドは内側にいる”と

ターコイズをそう表現しました。


2016年のゆくえも

自然に起こる災害も

命を授かるということも


人生には

自分達の力では及ばない

こともあるのです。


” 今を、生きて ”


私たちはこれから待ちうける

どんな世界にあれ


周囲の人や

外から入ってくる情報に

惑わされずに


” 私は◯◯であるべき ”

という


あるべき姿の自分を

解放してみてください。


2016年のキーワードは


”心理を探求するために

わたしは内なる声に耳を傾けます”



それともうひとつ

2015年11月11日に、ボトル114番が

新しく誕生しました。


大天使ラグエル

ミッドトーンコーラル/ディープマゼンタ


このボトル私の感覚では

非常に、興味深いです。


ターコイズの補色は

コーラルです。


ボトルが新しく誕生する時は

その年に影響を与える

私たちの気付きのタイミングで

贈られてきます。


久しぶりに、直接

自分の目で観たいと思える

ボトルです。


また、このメッセージについては

改めて書くことにしますね。


Wishing you peace, love and laughter 2016

Sending you big hug and lot's of love !

2015年11月21日土曜日

日本への帰国 〜ヨガリトリート〜


カナダに移り住み

日本でヨガをする機会が減った中

帰国したら、絶対にやりたかった

ヨガリトリート。


自然の中に住むようになり

ヨガとの向き合い方も、感じ方も

私自身が変わってきていて。


このリトリートで

私がみんなと共有したかった時間は

ただひとつ


” 休息と回復のリトリート”


関節を伸ばしたり

筋肉を動かすのも


ただただ、インストラクターの

動きやリズムに従う

受容的なクラスでなく


今、自分の体が

どう動きたいのかを感じ


どれだけ

緊張があり


どれだけ

リラックスできてるかを

内観し、感じる


ポーズやヨガの流派に

囚われることない

”自立した”クラスの形。


以前記事に書いたことがあった



自然の中で

ヨガという趣味を通して

出会う人たちと


無理のない

ありのままの自分で過ごす

1泊2日。


人間って


格好つけたいし

褒められたいし


他人から良く見られたい

生き物なんですね〜。


でも、ヨガをしていると

自分を覆ってたヴェールが

吐く息とともに

スーッと抜けていって


ありのままの私で

いいじゃない


そう思えてきます:)

Restore & Repair Yoga
回復・復元ヨガ

Yin Yoga
寝る前のヨガ

Morning Hatha Pranayama
早朝ヨガ・呼吸法


体の悩みや不調

日常の体の癖を調整するように


大きな筋肉だけでなく

関節周りの筋膜を

繰り返し何度も動かし

深部に働きかけていきます。


お家や、寝る前に

自分でもできるストレッチを含め

より深い睡眠に導く

呼吸法も。


3回のヨガクラスあとは



朝一番の

誰もいない静かな時間を

それぞれが自由に

過ごしました。


温泉に入ったり

周囲を散策したり。



ここは都心から

1時間とは思えないほど

山に囲まれています。


ここでのウォーキングメディテーションは
(歩く瞑想)

空気も澄んでいて

素晴らしかったです。


”歩く”という行為を

意識的に

ゆっくりと


大地を踏み締めるように。


生きていると色んなことがあり


嫌なことも、悲しいことも

楽しいことも


そこに、ずっと留まることはなく


泡のように浮かんでは

消えてゆきます。


いつかは流れてゆき


通り過ぎてゆくものです。


意識的に、歩きながら


”どうして私は

こんなに重荷を背負ってるんだろう”


不安や心配は


安らぎや

喜びの妨げになるから


一歩、一歩


ただ、ただ

意識的に歩いていたら


スッと心から


その感情が消えていた


そんな歩く瞑想が

わたしは好きです。


この2日間のことを思い出すと

涙が出てくるのは・・


日本へ帰るたびに

みんなから恩恵をいただいてるのは

間違いなく、私。


ヨガもカウンセリングも

ひとりの女性としても


終わることなく


一を生かけて、学ぼうと

心に決めています。


もう、次にやりたいことは

決まっています。


すぐにでも帰りたい!衝動ですが


じっくりと温めて


支えてくれてる皆様へ

恩送りしてゆきます。